Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

電撃文庫3月刊のページ数と考察

ページ数
424P 662円 新約 とある魔術の禁書目録
280P 557円 ゴールデンタイム2
328P 599円 メグとセロンVI
296P 599円 断章のグリムXIV
296P 599円 デュアン・サークII(15)
344P 599円 花×華(3)
312P 599円 彼女(アイドル)はつっこまれるのが好き!3
360P 662円 官能小説を書く女の子はキライですか?(3)
424P 683円 天国に涙はいらない 終
312P 641円 恋する鬼門のプロトコル3
312P 662円 ぷれいぶっ!3
328P 620円 ぜのん様である!
312P 620円 ひがえりグラディエーター
472P 683円 そして、誰もが嘘をつく
360P 641円 今どき、女中で奉公って!?

価格帯
-20 そして
+00 禁書、金時、メグセロ、花×華
+20 グリム、デュアン、つっこまれ、天涙、ぜのん様、女中
+40 官能小説、ひがグラ
+60 プロトコル
+80 ぷれいぶ

新作は軒並み+20~40で安定、天涙は完結。

電撃文庫MAGAZINEにも掲載されたプロトコルは危険域。ぷれいぶっは大ピンチか。

特筆すべきは、水鏡希人新作と、花華か。

水鏡希人新作はかなりの厚さの為の値段調節で、花華はランクアップ。

やっぱイラスト効果がデカいのかな。涼香のイラストはめちゃくちゃ可愛いからな。著者も実績ある人だし読んでみたいかも。
スポンサーサイト
category
未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。